このページの目次を開く

このページの目次

  1. 実際の体験談をご紹介
  2. 人気の事業者向けローンをランキング
  3. よくある質問
  4. 資金繰りがギリギリのところで頼れる機関・会社とは?

実際の体験談をご紹介

ビジネスローンで給料の支払いが滞らずにすみました。(男性/30代)

男性/30代

飲食店を経営して3年目に入ります。

月によって売り上げに波があり、近所にライバル店が開店したことで影響を受けました。
客足が減ってしまい、売り上げが予想より激減したんです。

幸い客足が戻って安心したのも束の間、資金が不足してしまいました。

仕入れ代や家賃、光熱費はギリギリですが問題は従業員の給料です。
支払いが遅れて辞められる事態は、どうしても避けたいという思いがありました。

しかし、保証人になってくれる人は僕にはいません。担保を用意するのも正直厳しかったです。

それに僕も店に立っているので、何度も店舗や銀行に足を運ぶのは難しい状況でした。
銀行の融資は審査に時間がかかると聞いていたので、できるだけ早く融資が受けられるところを探しました。

そして、限られた時間の中でインターネットで比較して、1つを選びました。

口コミで評価が高くて、保証人・担保・来店不要というのが、最大の決め手になりました。
金利が低め&融資額が高めなのも、もし今後何かあったときに頼れるんじゃないかと、頼もしく感じましたね。

インターネットで申し込みをし、仮審査に通ったら必要書類をFAXで提出できたのは簡単かつ便利でした。

混み合っているときは3日くらい時間がかかると聞いていましたが、審査の翌日に融資が受けられたので助かりました。
せっかく審査に通っても、振り込んでくれるまで時間がかかるところもあるので……。

おかげで予定通り、従業員に給料を支払うことができました。

返済額が毎月調整できるのも、僕のような飲食店経営者にとってありがたいです。
24時間コンビニのATMでお金を借りたり、返済もできるのも良いですね。

借り過ぎに注意しながら、上手く付き合っていけたら良いなと思います。

人気の事業者向けローンのランキングはこちら

廃業の危機から脱出できました(男性/50代)

男性/50代

私は親父から受け継いだ、小さな町工場の経営者です。主に機械部品を製造しています。

町工場は零細企業で景気や大企業の方針に経営を左右されるのも当たり前で、資金繰りは決して楽ではありません。支払いが同時期に重なってしまったときなど、生きた心地がしませんでした。

そんな我が町工場も最大の危機を迎えることになりました。

支払いが重なり、1週間以内に資金を用意できないと手形が不渡りになるという状況に、ついに追い込まれてしまったのです。不渡りのせいでもし今後融資が受けにくくなったらと思うと、ぞっとしました。

何とかして融資を受けられないか銀行に相談しましたが、融資を断られてしまいました。

中には融資が可能だと言ってくれたところもありましたが、肝心の融資が期日に間に合わないと言われて落ち込みました。
零細企業では、信用度が低いというのもあるのでしょう。

もう駄目かと、諦めるのしかないのではないかと精神的に追い詰められつつありました。

しかし、そんな私を救ってくれたのが、知人のアドバイスでした。
以前同じように資金繰りに追われ、廃業の危機を経験したことのある知人からビジネス向けのローンを聞いたのが始まりです。

ビジネスローンというものは初めて知りましたが、調べてみると驚きの連続でした。

来店の必要がないとか最短で即日審査が完了とか、審査に通過したらすぐ融資が受けられるなんて、本当かと疑ったくらいです。

しかし、インターネットの評価を見てもこちらのローンは満足している方が多く、
審査が早いとも書いてあり、申し込むことにしました。

無事に本審査通過の連絡を受けた瞬間の喜びは、恐らく一生忘れることはないでしょう。

すぐに融資を受けられたおかげで不渡りを出すこともなく、売掛金でまとめて返済を終わらせることもできました。
うたい文句通りの中小企業の味方ではないでしょうか。

悪化しつつあった資金繰りが改善しました。(女性/30代)

女性/30代

アパレル事業の会社経営を始めてから5年になります。

常に需要の高い流行を先取りし、幸いにも毎年成長を続けていたのですが、資金繰りの面では問題を抱えていました。
売り上げが上がっても仕入れが追いつかないとか、新規の発注にどうしてもお金がかかるのが原因です。

アパレル事業なので新規の発注はどうしても外せません。

入るのが遅れる売掛金もあり、じわじわと資金繰りが悪化しつつあったんです。
そこで検討したのが、売掛金を売却して即日で資金調達ができると評判の、ファクタリングの活用です。

ただ業者が複数あって、どこが良いのか簡単には分かりませんでした。

それに悪質な業者を選ぶと、手数料だけ取られて逃げられるケースもあるという記事も見かけてしまい、警戒心が強まってしまいました。
しかし、ネットを検索している内にファクタリング業者を紹介してくれるという会社を見つけました。

提携事業者数の多さ、サポート体制、資金繰り改善率の高さに特に注目しました。

具体的な体験談も載っていて、分かりやすかったです。専門家のコラムや交渉の秘訣など、役立つ情報が得られるのも有用でした。
さっそくこちらのサイトから申し込み、ヒヤリングを受けて業者を紹介を受けました。

ヒヤリングの時に、プロの方が丁寧に相談や質問に答えてくれたのが好印象です。

紹介して貰った業者の中でも信頼度の高いところを選択しました。審査は思ったよりも早く済み、2日後には資金の調達ができました。
それからも何度かこちらを利用していますが、担当者の丁寧な対応やサイトに載っている情報の多さにいつも助けられています。

資金繰りの問題も改善の傾向で、事業資金を素早く用意したいときにはファクタリングをどんどん活用しています。

人気の事業者向けローンをランキング

数ある事業者向けローンの中でも、口コミ評価の高い会社のみを厳選してランキング比較しました。

  1. ビジネクスト

    赤字決算でも申込み可能、無担保無保証・来店不要で書類提出後3日程度で融資してもらえる

  2. ビジネスパートナー

    他社の審査に落ちた場合でもOK、最短即日審査で無利息サービス有り、コンビニATM利用可能

  3. 資金調達プロ

    売掛金を売却して資金繰りを改善するファクタリングを採用、銀行融資を断られた方向け

よくある質問

ビジネスローンと個人のローンの違いは何ですか?

ビジネスローンとは、自営業や個人事業者、法人を対象としたローンです。事業者ローンとも言います。

個人が銀行以外から融資を受ける場合、総量規制によって原則年収の3分の1までを上限に融資可能額が制限されています。
しかし、事業資金として利用する目的で融資を受ける場合は、総量規制の対象外となります。

ただし、誰でも融資を受けられるわけではなく、確定申告書や事業計画書などの提出が条件です。

ビジネスローンは銀行の他に消費者金融、クレジットカード会社が取り扱っています。

ビジネスローンの融資時間はどれくらいですか?即日融資はできますか?

即日融資が可能なところもありますが、ビジネスローンの多くは、申し込んだその日に融資を受けることが難しい傾向があります。

即日融資と書いていても、実際の融資までに時間のかかるケースも見られます。
融資額が大きければ大きいほど、融資されるまでに時間がかかる傾向があるからです。

他の理由として、必要書類が個人で融資を受けるときよりも、多くなりやすいということもあげられます。

法人では登記簿謄本、決算書(2期分)などを提出するように求められます。

また、信用の低い法人や個人事業主の場合は提出する書類がより多くなる場合があり、
資金計画書や事業計画書を提出するように、請求されることもあります。

もし、まとまった売掛金があり、事業資金をすぐに調達したいなら、ファクタリングとの併用も検討してみてください。

保証人や担保なしで事業資金を調達することは可能ですか?

条件がありますが、個人事業主なら保証人不要・担保なしで事業資金の融資を受けられるビジネスローンが多くあります。

法人だと代表者の連帯保証が原則必要になる場合が多いです。
担保は原則として不要で、融資可能額は300万円や500万円が上限になっているところが多いです。

ただし大手になると、最高1000万円(初回は500万円まで)の融資が可能なところもあります。

ファクタリングで資金を調達する場合、そもそも融資ではないので保証人や担保は不要です。

事業資金を調達する方法には、どのような種類がありますか?

資金を調達する方法は色々とあります。

公的融資制度の利用、金融機関からの借り入れ、個人投資家からの借り入れ、ベンチャーキャピタルから出資を受ける、
助成金や補助金を受ける、事業者ローン(ビジネスローン)、カードローン、ファクタリング、親族や知人から借りるといった方法が主です。

それぞれの方法にはメリットやデメリットがあり、条件や審査が厳しいなどハードルが高いものもあります。

会社の規模や目的に応じて活用するのが、望ましいでしょう。

公的融資制度とは何ですか?

公的融資制度とは、政府や自治体のような公的機関による融資のことです。

起業や事業拡大時の資金調達目的で、活用しやすいという特徴があります。

しっかりとした事業計画を立てなければ、融資を受けるのが難しい銀行と違い、適切な事業計画があれば、
創業したばかりの企業でも融資を受けられる可能性があるのが、この公的融資制度です。

公的融資制度は大きく分類して日本政策金融公庫、商工会議所、信用保証協会の3つがあります。

日本政策金融公庫は銀行より融資のハードルが低く、保証人や担保なしの人でも融資が受けられます。
信用保証協会は、金融機関から融資を受けるとき連帯保証人になってくれます。

商工会議所は全国に存在し、会員を対象に担保や保証人なしで融資が可能です。

ただし公的機関からの融資は時間がかかるので、お急ぎならビジネスローンなどを検討してみてください。

民間の金融機関から融資を受けたいのですが、銀行とノンバンクの違いは何ですか?

まず共通するメリットとして、公的機関よりも融資までにかかる時間が短縮されるというのがあります。

銀行とノンバンクの違いですが、銀行は預金者から預かったお金を他の人に貸すことで、利益を得ています。
金利が低いのが大きな特徴ですが、審査が厳しめで融資までに時間がかかる場合があります。

低金利で融資を受けられるので、担保が十分にあったり保証人がいる人におすすめです。

ノンバンクは名前の通り、預金業務を行わない金融機関のことです。
金利は銀行より高いのですが、保証人や担保が不要で審査の時間も短いというメリットがあります。

つなぎ資金が必要なときには頼れる存在になるでしょう。

売掛金を買い取ってくれるファクタリングも、ノンバンクに分類されます。

ベンチャーキャピタルとは、何ですか?

ベンチャーキャピタルとは、高い成長率が見込める未上場企業に投資をしてくれる、投資事業組合(ファンド)のことです。

日本には50社以上のベンチャーキャピタルがあります。
ベンチャーキャピタルの目的は、企業を上場させることにあります。

投資を受けた企業から提供された株式を高値で売り抜き、
そこから得た利益の一部を投資家に分配するというという仕組みで運用されているのです。

さらに出資の場合は事業が失敗しても、資金を返還する義務はありません。

その代わり、ベンチャーキャピタル側のリスクが高いため、審査が厳しく行われます。
投資までに、2~3ヶ月程度かかると見た方が良いでしょう。

しっかりとした事業計画があり、それを熱意を持って伝えられる自信があるなら、ベンチャーキャピタルがおすすめです。

ビジネスローンはなぜ、年収の3分の1を超える融資が可能なのですか?

ビジネスローンは総量規制の対象外になっています。

事業性融資は総量規制の例外として扱われるため、法人格を持たない個人事業主でも、条件を満たせば事業資金の融資を受けることができます。
その条件とは、1つ目が事業を営んでいて、融資を受ける際の用途が事業資金であること。

2つ目が、確定申告書や各金融期間が指定する事業計画や収支計画、資金計画などを提出すること

。3つ目が、提出した資料と照らし合わせて返済能力を超えない金額であることです。
総量規制外とはいえ、返済が困難な金額は融資を断られてしまう可能性が高いので、返済できる金額内で融資を受けるようにしましょう。

銀行から融資を断られたのですが、他のところで融資を受けられますか?

銀行から融資を断られても、ノンバンク系のビジネスローンなら事業計画などの内容が評価されて、融資を受けられる可能性があります。

審査で重要な役割を果たすので、融資する側が融資しても大丈夫だと判断できるよう、
事業計画書は説得力のある内容を心がけて作りましょう。

もし、過去の実績のない新規事業者でも、今後の数値目標を具体的にしたり計画内容を綿密に書くことで信頼を得ることができます。

また、事業拡大や資金繰りの改善などが目的なら何が課題で今後どう取り組むのか、今後の見通しをしっかりと伝えることが大事です。

4~5年くらい前に金融事故を起こしているのですが、どうやって融資を受けたら良いですか?

経営者が金融事故を起こしている場合は記録が残っている限り、
銀行や消費者金融など民間の金融機関から融資を受けるのは、難しいと言えます。

信用情報機関に記録された金融事故は5から10年間残り、それを参照している金融機関の審査に通りにくくなるからです。

もし、金融事故の記録が残っているかどうか分からないなら、まず信用情報機関に情報開示を求めましょう。
まだ記録が残っていたら、融資を受ける方法は限られてきます。

公的金融機関である日本政策金融公庫なら、資金繰りや返済計画に問題がなければ、融資を受けられる可能性があります。

一度、条件を確認してみてください。他にも経済産業省も認めている、ファクタリングという方法で資金を調達する方法もあります。
すぐに資金を調達する必要があるなら、そちらも検討してみてはいかがでしょうか。

ファクタリングとは、どういう仕組みになっているのですか?

企業の売掛金をファクタリング会社が買い取り、資金化する方法です。

納品やサービスの提供と請求書の提出が既に終わり、まだ支払いされていないキャッシュのことを売掛金と言います。
金融機関の審査方法とは異なるので、もし信用情報に問題があっても利用が可能です。

そして、安定した売掛金があれば、最短で即日、資金調達ができるのもメリットです。

融資ではないので担保や保証人も必要なく、信用情報への影響もありません。
資金繰りの改善のためのつなぎ資金や、その他の資金調達に幅広く活用できます。

この売掛金を活用する資金調達は、国も正当な手段だと認めています。

ファクタリングを利用する際の注意点はありますか?

まず売掛金がないと、ファクタリングで資金調達ができません。

また、原則として利息の代わりに手数料を取られるので、事前にチェックしてください。
事務手続きや印紙代などの諸費用も、必要になります。着手金は0円の会社がほとんどです。

しかし、費用請求を後出しで追加したり、手数料が異常に高い、悪徳業者に分類される会社もあります。
必ず費用請求書を契約前に書面で求め、請求額が妥当なものか確認してください。

ファクタリング会社を選ぶとき、売掛先が倒産した場合にお金を請求されるかどうか、つまり償還請求権の有無も大事です。

2社間のファクタリングは、償還請求権がない場合が多いので安心です。
そして、もう一つ気を付けたいのが二重譲渡です。

既に譲渡した売掛金を再度譲渡すると、横領罪などに問われる可能性があります。くれぐれも、注意してください。

担保有りで資金を調達する場合、どんな方法がありますか?

不動産担保ローンを行っているところが多いです。他には預金担保、手形担保、有価証券担保といったものもあります。

不動産担保ローンだと無担保、無保証人の借り入れよりも高額な融資が受けられ、長期の借り入れが可能になるのがメリットです。
金利も無担保よりも低く設定されていて、担保にした不動産も支払いの遅延などが起きない限りは自由に使えます。

ただし不動産の価値が下がったり、支払いが滞ってしまうと不動産の売却を求められます。

手数料がかかることもあるので、利用する際はどのくらいかかるのか注意した方が良いでしょう。

事業者向けローンでできるだけ金利を抑える方法はありますか?

事業者向けのローン(ビジネスローン)は、銀行融資に比べると金利が高くなる傾向があります。

銀行のビジネスローンで融資を受けられれば、ノンバンク系よりも金利が低くなりますが、審査は厳しくなります。
不動産などを担保にして金利を低くするという方法もありますが、特定の事業者であれば、通常より低金利で融資を受けられます。

特に増えているのが、医療・福祉介護事業者向けのローンです。

他にも農家やリフォーム業など、特定の事業者に特化した融資を提供している金融機関もあり、
通常の事業者向けのローンより金利が低めに設定されています。

もし短期間で返済できるのなら、無利息期間のある金融機関を利用してみるのも良いでしょう。

資金繰りがギリギリのところで頼れる機関・会社とは?

事業を運営していると、資金繰りに困ることがあります。

売上が落ちたり、売掛金が回収できなかったり、急な支払いがあったりといったように、お金の悩みの原因はさまざまです。

すぐにお金を用意できなければ仕入先にお金を払えない、従業員に給与を出せないといった状況に陥った場合、
一体どこに頼れば良いのでしょうか?

今回はそんな経営者へ向けて、困ったときにどこでお金を借りればよいのかをご紹介します。

資金繰りがギリギリになってしまったとき、落ち着いて考えてみてください。

資金繰りがギリギリだった時、どのような機関・会社に頼りましたか?

アンケート調査の結果

  • 1位:銀行・・・41%
  • 2位:知り合い・身内・・・29%
  • 3位:消費者金融・・・17%
  • 4位:クレジットカード会社・・・9%
  • 5位:その他・・・2%
  • 5位:ファクタリング会社・・・2%

1位:銀行

  • 銀行が一番安心できて、正統な借入先だと思ったから。(福岡県・31歳・女性)
  • 金利が安くて、安全で信頼が置けるのは銀行しかない。取引実績があったから借り入れができた。(兵庫県・48歳・女性)
  • 銀行が一番信頼できる気がしたので、銀行でお願いしました(福岡県・33歳・女性)
  • 金利が低いことと丁寧な説明をしてもらえたので、銀行に融資を頼んだ。(福岡県・19歳・女性)
  • 金利が安いので取引先の銀行へ申し込んだが、審査が厳しく大変だった。(青森県・58歳・男性)
  • 金利が安定してるところと安心なので、銀行に借りました。(茨城県・49歳・男性)

資金繰りで困ったとき、もっとも利用されているのは銀行でした。

安心感があり金利も低いことから、ほとんどの方がまず利用を考えるのが銀行です。
審査が厳しめであるという欠点はあるものの、通過さえできればより良い条件で借り入れできます。

2位:知り合い・身内

  • 余計な金利を払う余裕がなかったので、経済状態に余裕のある身内に頼んだ。(神奈川県・35歳・男性)
  • どうしても資金がなく、金融機関からの借り入れは利子を伴うため、身内から借り入れを行いました。(宮崎県・41歳・男性)
  • 銀行などで借りると利息が発生するので、知人から借りました(栃木県・39歳・男性)

次に多かったのは、知り合いや身内に借りるケースです。

この場合なら審査を受ける必要もなく、利息がかかることもありません。

しかし、頼んでも貸してもらえるとは限らず、その上返済が遅れたら人間関係にひびが入る恐れもあります。

3位:消費者金融

  • 審査も比較的緩めで、なおかつ手軽だったことが大きな理由です。(福岡県・29歳・男性)
  • 消費者金融は利息は高いが、審査が通りやすいので利用しました。(三重県・25歳・女性)
  • 銀行よりも借りるための審査基準が低いから。(福岡県・36歳・男性)

3位は消費者金融に借りるケースです。銀行の審査に通らなかった場合、消費者金融に行く方が多いようです。

消費者金融は銀行よりも審査が緩い傾向があるため、銀行で断られた方も融資してもらえる可能性があります。
さらに、銀行に比べて審査もスピーディーです。

最後のまとめ

事業資金の資金繰りで困ったときに頼られているのは、銀行・知り合いや身内・消費者金融という結果になりました。

資金が足りなくなってしまった場合、まずおすすめなのは銀行です。
銀行は審査が厳しめですが、資金の使い道や返済にあてる財源をアピールできれば、通る確率は上がります。

通るのが難しそうだと考えている方も、試しに審査を受けてみてはいかがでしょうか。

銀行が難しい場合は消費者金融で借りるのも手です。

銀行に比べて危ないイメージを持たれがちな消費者金融ですが、
きちんとした会社であれば、激しい取り立てをするようなことはありません。

知り合いに借りる場合はトラブルになるのを避けるため、口約束ではなく借用書を書いておくことをおすすめします。

そして、返済期限は必ず守りましょう。
もしも事業でお金に困ったときは、無理なく返済できるような良い借入先を探してみてください。

このページの先頭へ